HARMONISM

「ROUND HOUSE LIVE 2017」/Afterword(あとがき)

Blog

コメントはまだありません


Share this post

「ROUND HOUSE LIVE 2017」/Afterword(あとがき)

 

2017年2月26日になんばHatchで開催しましたROUND HOUSE LIVE 2017御越しの皆様ありがとうございました。
今年の公演は前回とは一新した、一人の人間の精神世界の底。深海の様に、深く深く潜る物語でした。
難解な物語はしばしば「見た人の感性に委ねられる」事が多いですが「ある程度のメッセージは伝えるべき」と言う判断で、敢えてこの文章を書くことになりました。

公演の中で主人公(私)は意図して人との関わりを絶った事で他者の記憶からも世界からも消えかかっていた訳ですが、今回具体的な「役」を持っていたエアリアルティシュー、ダンサー(アクター)、ストーリーテラー、ハープ&ボーカルが演じていた役割は全て一人の「私」というキャラクター自身です。過去の「私」、「私」の中の陽、「私」の中の陰、消える選択をしなかった世界の「私」、全く新しい別の世界に産まれる私。時間や感覚や全てのものを行き来し旅をして、自分がなし得た「可能性」を探るストーリーでした。

今回のストーリで伝えたかった事は、この世界は皆が思っている程優しくはなく欲深い世界だけれど、考え方や関わり方次第でそれは変わる。周りに流されず物事を自分自身で考え、自分自身で選択をする。その繰り返しで「あなたの記憶」は誰かの心にいつまでも残る。

日常生活の中でふと、この公演を思い返す場面があったら、その時は目の前の「日常」をいつもより少しだけ、じっくりと考えてみてください。

アートプロデューサー 小島和人ハモニズム

0 Responses to this post
Add your comment