HARMONISM

産経新聞【大阪版】朝刊に掲載。されました

Blog

コメントはまだありません


Share this post

先日2月15日の産経新聞【大阪版】朝刊に、来週末のライブについてのインタビューが掲載されました。

記事でかい!

いつも僕を記事に取り上げてくれるK記者。説明が難解な今回の舞台をめっちゃ分かりやすい言葉に変えてくれました。

sankei_170215cs

ここ数年、作家表現として意識してやってきた脚本・演出がようやく少し形になったのかなという感覚です。

これを機にさらに発展して行きたいな。

 

このスキルはプロデュース・ディレクションの仕事でも多いに役立ちます。

 

 

s_0_tate

「ROUNDHOUSE LIVE@2017」
2017年2月26日(日) 開場 16時30分  開演 17時30分
場所:なんばHatch
大阪市浪速区湊町1-3-1 06-4397-0572

チケット代金
S席指定 前売り¥6,000  当日¥6,500
A席指定 前売り¥5,500  当日¥6,000
※別途 ドリンク代 ¥500要
チケット販売は2016年12月10日より
MusicTermにて 06-6226-8711
http://www.musicterm.jp/scripts/shop_ticket_list01.asp

出演者・ゲスト
■レギュラーメンバー
加藤正之(gt)
上村義昭(Ba)
井上歓喜(SAX)
辻本明日香(vl)
辻本恵理香(vl)
柳原由佳(key)
端山梨奈(Vo)
鳥垣優羽(Dr)
高橋香名(Fl)
Miduki(Dance)
岩村萌華(Dance)
増保衣里子(Aireal)
松岡ありさ(ST)
■ゲスト
AGATA(Harp・Vo)
Jael (Vo) Jael Gadsden
吉村靖弘(和太鼓)
明楽香名子(Vl)
永田充(Durbuka)

順不同

ダンス・アクロバット等を加えたオリジナルのクラシカルシンフォニック・プログレッシブロックサウンドを展開する「ラウンドハウス」のライブが1年4ケ月ぶりに更にスケールアップして今年もやってきます! 今回のライブ会場は音の良さで定評の「なんばHatch」。音響・照明・映像等ステージ構成の規模も拡大し、参加ミュージシャンも昨年のメンバーに加え、多様なジャンルからのメンバーが参戦いたします。また今回も舞台アート演出にはハモニズム氏が参加、次元を超えた万物の縁をテーマに斬新なストーリーに乗せた楽曲展開をご期待下さい。

今回のステージの見どころは、エアリアルティシュー(増保衣里子)とダンス(Miduki・岩村萌華)と映像がクロスオーバーした作品を展開、照明効果も加えた美しい世界を確立します。
昨年も参加してくれたアイリッシュハープ&ボーカルのAGATA(アガタ)が今回も自身の作品にて参加、新曲では2016年に別ユニットとして結成された「CyberHybridOrchestra」の楽曲でヴァイオリン3名のアレンジ曲を若手ヴァイオリニスト「明楽香名子」が特別参加、またラウンドハウスの壮大な楽曲にバンド「Kogakushu翔」よりリーダーの「吉村靖弘」が和太鼓にて参加、更にアラブ音楽に使用される打楽器ダラブッカ奏者「永田充」が参加、ゴスペルヴォーカリストとして「Jael」が初の外国人として参加等、盛り沢山のゲスト勢が加わる今回のラウンドハウスのステージ。更にドラマティックに世界観を盛り上げます。

保存

0 Responses to this post
Add your comment