HARMONISM

レムの記憶2424

Blog, レムの記憶

コメントはまだありません


Share this post

戦争が良いものだとは私も思わない。

 

長い間人類は戦争を無くそうと試みてきた。社会から差別やいじめを無くそうとしてきた。

 

人類がそれを達成するには気が遠くなるような時間がかかった。

 

しかしその結果、生物としての本能の一部が欠落した人類は生物とは言えない「何か」になっていた。

 

それについての善悪は問わないが、「闘争本能」に関して言えば生物が生物たる所以の重要な要素であるのは確実だ。

 

戦う意思の無い獅子は喰われる。

生きようとする意思を消してはならない。

0 Responses to this post
Add your comment